医療機関向け

参加方法

ふくいメディカルネットへの参加方法(閲覧医療機関向け)につきましては、右記のボタンを押してご確認ください。

参加方法について

ふくいメディカルネットへの接続条件(閲覧医療機関向け)につきましては、右記のボタンを押してご確認ください。

接続条件について

ふくいメディカルネットへの院内での構成一例(閲覧医療機関向け)の例につきましては、右記のボタンを押してご確認ください。これはあくまでも一例となります。

構成一例について

運用規程・料金表・ポリシー

在宅ケア機能の利用規程ならびに様式等について

同意取得方法

同意書関係様式

機能概要

● 診療情報の共有

連携先の医療機関に、カルテ情報(サマリ)、処方・注射情報、検査結果、画像、
レポートなどの診療情報を提供することが可能です。これにより紹介のうえで
必要な治療計画が確認でき、患者さんも安心して申し送りが可能です。

診療情報の共有イメージ

● 画像参照・画像送信

情報開示病院で患者さんの同意後に、特定医療機関に公開されたデータについては、
閲覧医療機関で参照が可能です。参照時に同時に他の医療機関のデータが存在する場合には比較して確認することが可能です。
また、情報開示病院同士での転院の際には画像情報を転院先で受け取ることが可能です。

画像参照・画像送信イメージ1 画像参照・画像送信イメージ2

● コミュニケーションツール(患者メモ)

ネットワーク上で主治医、専門医、担当看護師、理学療法士、訪問看護師など関係者と情報共有が可能です。
治療方針の実施情報を患者メモに記入したり、必要ファイルをアップロードすることにより、チーム全体で患者さんの状況を共有することが可能です。

コミュニケーションツール(患者メモ)イメージ

● 地域連携パス

ネットワーク上で地域連携パスの共有が可能。福井県内で運用している連携パスを共有でき、地域でスムーズな医療連携を実現します。

地域連携パスイメージ

● コミュニケーションツール(メール)

高いセキュリティの環境で、医療従事者同士の情報交換を促進します。

コミュニケーションツール(メール)イメージ

● 検査予約参照

情報開示病院の検査予約を参照し、情報確認しながら紹介先を調整することができます。

検査予約イメージ

● 紹介連携(WEB 紹介状作成)

診療所などで治療を受けている患者さんを、必要に応じて高度な医療を受けられる
病院へ紹介する「前方連携」と、病院で治療を受け、回復期に移行した患者さんを
リハビリテーション施設や、かかりつけ医へと紹介する「後方連携」などにより、
さらにシームレスな地域医療ネットワークを実現します。

紹介連携(WEB 紹介状作成)イメージ

医療機関向け